ちんこが臭い理由は?考えられる原因と解決方法をまとめてみた

ちんこが臭い理由は?考えられる原因と解決方法をまとめてみた 性のなんでも

いきなりですが、みなさん、ペニスに対してどのようなイメージを持っていますか?恐らく人それぞれ持つイメージは変わってくると思います。しかし、ペニスの共通のイメージの一つとして「臭い」ということを感じている人は多いです。

ペニスというのは、「臭くて汚いもの」と感じるのは、男性だけではなく女性にも多いです。むしろ、女性はペニスを舐めることもあるので、このようなイメージを抱くのは女性に多いのかもしれません。

そんな臭いというイメージを持たれがちなペニスですが、その匂いを出さないようにもできます。この記事では、そんなペニスの匂いをとる方法や、匂いをなくしたい人に向けた日頃から気をつけたほうがいい点について解説していきたいと思います。

「自分のペニスが臭いからどうにかしたい」「旦那や彼氏のペニスが臭くていやだ」という人は、是非チェックしてみて下さい。

明らかにちんこが臭い!これってなんで?

ペニスはなぜ臭くなるのでしょう?しっかり洗っているのにすぐに臭くなるという人もいるくらいです。ペニスが臭くなるには原因があります。その原因を追求して、改善できれば匂いはなくなるでしょう。

逆に考えると、原因がないのに臭くなることはありません。一つひとつ、自分のペニスが臭い原因を潰していくことで、無臭のペニスを手に入れられるのです。

ちんこが臭い原因3選

では、まずそのペニスの匂いのもとになってしまう原因をここで3つ紹介します。ペニスの匂いが気になる男性は、「自分はどれに当てはまるのか?」というのを意識しながらチェックしてみて下さい。

チンカスが長期間溜まっているから

ペニスの匂いで最も多いと言っていいのが、チンカスの匂いです。特に、チンカスが“長期間”溜まったときの匂いというのは、キツイものがあります。

付着したばかりのチンカスはそこまで強い匂いにはなりません。ついてから時間が経過するにつれて、匂いが強烈になるのです。

チンカスがつくのは仕方がないことです。これを防ぐというのは、ペニスへの入念すぎるケアが必要になります。このケアは手間も時間も掛かってしまうものです。ある意味、「チンカスがついてしまうのはしょうがない」と割り切る必要があります。

しかし、ついたままにするのは絶対にやめて下さい。チンカスがついてしまったのなら、それをすぐに除去する必要があるのです。

シャワーで石鹸やボディーソープを使って入念に洗うことで、チンカスは除去できます。ついたままにせずに、ついてしまったのならすぐに取り除くようにして下さい。

古い汗が残っているから

もう一つの大きな原因は古い汗です。汗自体には匂いはありませんが、古い汗だと匂いの原因になってしまいます。古い汗に含まれているタンパク質は、菌によって分解されることがあり、このとき異臭が発生してしまうのです。

体を洗うのを面倒に感じてシャワーをなかなか浴びない人や、洗い方が不十分な人がこのような原因でペニスが臭くなりがちです。こういうことをしていると古い汗が原因でペニスはすぐに臭くなります。ペニスが臭くなるのが嫌なら毎日綺麗に洗うようにして下さい。

すそワキガを起こしているから

上で紹介した2つは、ペニスやその周辺を洗うことで匂いはなくなります。しかし、ここで紹介するすそワキガの場合は、洗っても洗っても匂いはなくなりません。

ワキガは皆様ご存じだと思います。ワキガのあの強烈な刺激臭というのは、忘れろと言っても忘れられないくらい、とてつもないものです。すそワキガもワキガと同じような匂いが発生するもので、それが股関節のラインから発出されます。

普通の生活をしていてもすそワキガは他人には感じられません。しかし、セックスをするとなると、服を脱ぐので敏感に感じられるようになるのです。

すそワキガの場合は、洗ったとしてもそれは解決策にはなりません。ワキガと同じように手術をして初めて治せるものなので、すそワキガを治したいのなら手術を受けることをおすすめします。

彼氏のちんこが臭い!これは指摘しても大丈夫?

女性の場合、パートナーのペニスが臭いことをなかなか言えない人もいます。「言ったら傷つくかもしれないから我慢してフェラチをしてあげている」という女性も多いです。

確かに、匂いの問題というのはデリケートなもので、言いづらいという気持ちもわかります。しかし、言わなければ、雑菌の繁殖で病気になる可能性もあります。そんなペニスを舐めることで、自分の健康も脅かされることもありますし、なにより臭いペニスを舐め続けるのはストレスにもあるでしょう。

パートナーのペニスが臭いのなら、正直に言うことをおすすめします。しかし、注意したいのは、「相手にできるだけ傷つけないように伝える」ということです。言い方に気をつければ傷つけずに伝えられます。デリケートな問題ですが、言わなければ二人の関係に影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。

また、パートナーはペニスの正しい洗い方を知らない場合もあります。そんな人には、女性側が正しいペニスの洗い方を教えて上げるのも一つの選択肢として有効です。好きな相手だからこそ、匂いを放置せずに一緒に対策をしていくのがいいでしょう。

ちんこの臭いを解消する方法①チンカスの除去

では、実際にペニスの匂いを解消する方法を紹介していきます。ここでは、主にチンカスの除去について焦点を当てて解説していくので、是非参考にしてみて下さい。

排尿後はペーパーで丁寧に拭き取る

おしっこをした後に尿がペニスについたままにしておくと、それがチンカス発生の原因になることもあります。特に、尿に含まれているアンモニア臭が匂いの発生原因になることもあり、尿を拭き取るということは非常に重要なものになります。

おしっこをしたあとは、トイレットペーパーで綺麗に拭き取るようにして下さい。

日頃からチンカスが溜まらないよう丁寧に洗う

間違った洗い方をしているとチンカスが徐々に蓄積されていきます。そうなってしまうと、チンカスが層になって付着し、除去するのも難しくなるでしょう。これがペニスの匂いの原因になることもあるのです。

無臭のペニスになりたいのなら、日頃からチンカスが溜まらないように正しい洗い方をする必要があります。正しい洗い方ができているのなら、チンカスがついたとしてもすぐに取り除けるでしょう。

POINT.ちんこは勃起させると洗いやすい!

チンカスを綺麗に除去したいのなら勃起状態で洗うことをおすすめします。特に、カリ首や皮のしわの隙間は、フニャチン状態では綺麗にできません。

勃起をすることで、この部分に付着したカスをとることができます。シャワーを浴びるときには、ペニスに刺激を与えて大きくしてから洗うようにしましょう。

ちんこの臭いを解消する方法②性器周辺を清潔に

チンカス対策だけではなく、性器周辺を清潔に保つことも匂い対策には必要になります。ここでは、そんな性器周辺を綺麗にするための方法を解説していくので、是非参考にしてみて下さい。

ズボン・下着はこまめに取り替える

着用しているものが原因でペニスの匂いが強くなることがあります。ズボンや下着は、ペニスの匂いに大きな影響を及ぼすので、こまめに変えるようにしましょう。

特に、気をつけたいのは下着です。下着が汚れているとペニスの清潔は保てません。尿や、ふとした時に出てしまう我慢汁によっても、下着は汚れてしまいます。ちょっとでも下着が臭うなら、すぐに変えるようにしましょう。

毎日シャワーを浴びて丁寧に汗を流す

ペニスの匂いを抑えたいのなら、毎日のシャワーはマストです。また、シャワーは浴びればいいというものではありません。洗い方も重要になってくるのです。

ペニスの竿や亀頭だけではなく、鼠径部や金玉などもしっかりと洗うようにして下さい。この辺りの部分は、洗い忘れる人はかなり多いです。

ペニスの匂いの対策は、ペニスだけ洗っていればいいものではありません。ペニス周辺からも匂いが発することもあるので、洗うのを忘れないようにして下さい。

汗予防パッドを使うのもおすすめ

汗をかくと匂いが発生するというのは、周知の事実だと思います。これは、汗を拭き取らず、ずっと放置することで皮脂と混ざり合い、それが匂いのもとになって悪臭を放ってしまうというものです。汗をかいたとしても、それをすぐに拭き取れば匂いに繋がることはありません。

汗からの匂いを抑えたい人は、汗予防パッドを使うことをおすすめします。汗予防パッドを使うことで、汗をかいたとしてもパッドに吸収されて、皮脂と混ざり合うことはありません。汗からの匂いを防げるので、股間周辺に汗をかきやすい人はこちらの商品を使ってみて下さい。

ちんこの臭いを解消する方法③すそワキガの改善

ペニスの匂いで一番厄介なのが、このすそワキガです。キツい匂いだからこそ、しっかり抑えなければなりません。ここでは、そんなすそワキガの改善方法を2つ紹介していきます。

原因となる汗をこまめに丁寧に流す

すそワキガの原因も汗です。他の匂いを消す方法同様、汗をしっかりと流す必要があります。しかし、すそワキガの匂いというのは強烈です。シャワーで流しても一度では流しきれないこともあります。

すそワキガの匂いが気になる人は、一度洗い流した後に、もう一度シャワーで汚れをとることをおすすめします。それでもすぐに匂いが発生してしまうこともあるので、常にウェットシートや汗拭きシートなどを持ち歩いて、汗をかいたら拭ける準備をしておくのがいいでしょう。

ひどい場合はクリニックでの治療もおすすめ

すそワキガかどうかというのは体質で決まります。アポクリン腺という汗腺が多い人がワキガやすそワキガになることが多く、軽度の場合は対策次第で誤魔化しは効きますが、重度になってしまうと、匂いを消すのは難しくなります。

そんなすそワキガの一番いい改善方法はクリニックでの治療です。クリニックですそワキガの手術を行うことで、あの嫌な匂いが発生することはなくなります。

あまりにも匂いがひどい場合は解決方法も限られるので、費用はかかってしまいますが手術も視野に入れてみて下さい。

普段からできる!ちんこの臭いを解消する工夫

セックスが好きな男性なら、いつでもヤレるように常にペニスは清潔に保つ必要があります。せっかくヤレるチャンスがあったのに「ペニスが臭くて断られた」というのは、非常にもったいないことです。

いつどこでセックスをする機会があるかわかりません。そのために、常にペニスは無臭状態をキープする必要があるのです。ここでは、そんな人のために日常生活でできるペニスの匂いを解消する工夫をいくつか紹介していきます。

毎日正しい洗い方でペニスを丁寧に洗う

ペニスが臭い男性の中には「間違った方法で洗った気になっている」という男性が多いです。「毎日洗っているから大丈夫だろう」という気持ちは理解できます。しかし、ペニスは正しい方法で洗わなければすぐに匂いが発生するものです。

ただ洗うのではなく、正しい方法で洗う必要があります。この記事で紹介している正しいペニスの洗い方を参考にして、常に清潔さをキープしてみて下さい。

通気性を重視して服や下着を選ぶ

「蒸れ」というのは匂いの発生原因になります。通気性が悪い服や下着を着用していると、蒸れて汗ばみ、それが匂いに繋がるでしょう。そのため、通気性を意識した服や下着を選ぶ必要があります。

  • ズボンは薄手のものを選ぶ
  • 下着はメッシュ素材のものを選ぶ
  • あえてワンサイズ大きく、サイズに余裕がある下着を選ぶ

というように、着用するものにもこだわるようにしましょう。

特に、下着は重要です。風通しのいいメッシュ素材のものや、ワンサイズ大きいものを選ぶことで、股間の蒸れを防げるでしょう。

ジャストサイズの下着を履いてしまうと空気の逃げ道がなくなります。余裕のあるサイズを選べば、下着の中の空気を上手く外に逃がすことができるのでおすすめです。

気になったらちんこをウェットティッシュで優しく拭く

汗をかいたり、汚れが気になったときに拭けるよう、ウェットティッシュは常に持ち歩くようにして下さい。かばんに入れておくだけで、匂いを抑えるだけではなく安心感も得られます。匂いを気にしても「ウェットティッシュがあるから汗をかいても大丈夫」という楽な気持ちになれるでしょう。

ウェットティッシュで拭くときは、できるだけ優しく拭いて下さい。ペニスはデリケートなので、強く拭いてしまうと炎症を起こすこともあります。

また、使うウェットティッシュにアルコールなどが含まれていると、ペニスに痛みを感じることがあります。拭き方だけではなく、ウェットティッシュの種類にも注意が必要です。

アンダーヘアを減らす・整える

アンダーヘアが濃いとそれも蒸れの原因になります。毛の中で汗をかいてしまい、そこから匂いが発生することもあるのです。匂いを気にするならアンダーヘアは減らすか整えるようにして下さい。

夏場はアンダーヘアが剃れば涼しさも感じられるでしょう。少なくとも夏場の間は必ず剃ることをおすすめします。

ちんこはできるだけ剥いておく

匂いは皮の中で発生ことが多くなります。だからこそ、亀頭が皮で被ってしまう包茎の人は、不衛生だと言われたり、匂いを指摘されたりするのです。

皮と亀頭の中で匂いが発生しないように、できるのなら、ペニスは常に剥いておくようにしましょう。しかし、重度の包茎などで剥けない人は無理に行う必要はありません。“問題なく剥けるのなら”剥いた状態をキープするようにして下さい。

臭い対策にはちんこを大きくすることも効果的!

上記で紹介したように、包茎のペニスは匂いがキツくなる傾向にあります。だからこそ、匂いを抑えたいのなら包茎を改善する必要があるのです。

手術を受ければ問題なく包茎を治せますが、お金も掛かりますし、仕事をしている人はタイミングが合わないこともあるでしょう。そんな人におすすめしたいのが、ペニスの増大です。

ペニスを増大させれば包茎が自然に改善される可能性があるのです。包茎に悩む多くの人たちがペニス増大に励んでします。チントレをして、是非ペニス増大にチャレンジしてみて下さい。

チントレをするなら、ペニス増大サプリは欠かせません。ペニスを大きくするために必要な栄養素が入っているサプリなので、飲むだけで増大させられます。他のチントレを合わせることで、強力な力を発揮してくれるでしょう。

ペニスの匂いが気になる人にこそ、増大サプリを一度試して欲しいと思います。

タイトルとURLをコピーしました