フルボッキする方法まとめ|ちんこが勃たない原因と対処法

フルボッキする方法まとめ|ちんこが勃たない原因と対処法 精力を向上させる方法

若い頃はビンビンにフルボッキできていたのに、歳を重ねるに連れてフルボッキができなくなったという人は多いです。

「あのフルボッキでするセックスをもう一度したいがもう無理だろう」と、諦めてしまっている人もたくさんいます。

しかし、フルボッキをさせる方法はたくさんあります。

それは年齢を重ねてからも有効な方法です。

最高のセックスをしたいなら、フルボッキを諦めてはいけません。

この記事では、フルボッキで最高のセックスをしたい人に向けて、フルボッキをするための方法などを紹介していきたいと思います。

「若い頃のフルボッキをもう一度体験したい」「今よりももっとフルボッキさせたい」という人は、是非参考にしてみて下さい。

フルボッキってどんな状態?

ただの勃起とは違うフルボッキ。普通の勃起が、ただペニスが大きくなるものだとしたら、フルボッキは大きくなるだけではなく、ガチガチにペニスが固くなることを指します。

上を向いてペニスが勃起し、触ってみると石のように固く、血管が浮き出てるような状態をフルボッキと呼ぶのです。

若い頃は簡単にフルボッキができていたと思います。

エロ本を読んだりすると、ペニスを触らなくてもフルボッキ状態になるような経験をした人も多いでしょう。

しかし、年齢を重ねるに連れて、フルボッキができなくなってしまう男性は多いです。

そんな人は原因を調べ上げ、なんらかの対処をする必要があります。

フルボッキできない原因はなに?フルボッキさせることはできる?

なぜ若い頃にできたフルボッキは、年齢を重ねるに連れて、できなくなるのでしょうか?

ここではその原因について解説していきたいと思います。

どれだけ頑張ってもフルボッキしないのは病気の可能性

勃起不全は立派な病気です。クリニックへの相談も視野に。

頑張ってもフルボッキできないのなら、病気になっている可能性があります。

EDと呼ばれる勃起不全をご存知だと思いますが、EDになってしまうとフルボッキは難しいでしょう。

EDはさまざまな原因によって起こるもので、ストレスなどが影響していることも多いです。また、糖尿病や高血圧の人もEDになるといわれています。

フルボッキができなくなった理由がわからないのなら、糖尿病や高血圧の恐れがあるので、一度病院に行って診察してもらうことをおすすめします。

性的な興奮が少なく萎える

フルボッキができない原因が病気ではない場合は、性的な興奮をあまり感じられていないのかもしれません。

若い頃は、どんなことでも性的な興奮ができたとしても、大人になるに連れて、性的な興奮をするハードルが高くなるのが一般的です。

  • 昔は少年誌の水着グラビアで興奮できていたけど、今は水着グラビアくらいじゃ興奮できない
  • 童貞だった頃はエロに対して敏感だったけど童貞を卒業してからはそんなに敏感じゃなくなった
  • エロ動画などを見すぎてエロに対して慣れてしまった

このような考えの人は多いと思います。

フルボッキできていた若い頃というのは、エロに過敏な時期だったといっていいでしょう。そこまでエロに対して興奮しなくなると、やはりフルボッキは難しくなります。

興奮の度合いが低くなると、フルボッキはできません。フルボッキをしたいのなら、若い頃と同じように興奮の度合いを高める必要があるのです。

オナニーやセックスのやり過ぎ

日常的にオナニーをし過ぎる人も、フルボッキをするのが難しくなります。勃起時のペニスを固くしたいのなら、日常的に刺激を与えることはしないほうがいいでしょう。

また、オナニーだけでなく、セックスのやり過ぎもよくありません。最高のセックスをしたいのなら、それまでに多くの我慢をする必要があります。

オナニーもセックスも我慢することで、あの頃のフルボッキを手に入れることができるのです。

コンドームの締めつけ感や違和感による萎え

フルボッキができない男性の中には、「コンドームが合わない」という人もいます。コンドームというのは、強く締め付けられるものです。

あの強い締め付けが合わない人は、フルボッキをすることはできません。

もし、今使っているコンドームが合わないことが原因でフルボッキできないのなら、コンドームを変えてみるのがいいでしょう。

コンドームは、自分のペニスのサイズに合わせて選ぶ必要があります。

「コンドームを付けるまではフルボッキできているのに、コンドームを付けたら萎えてしまう」という人は、一度、使っているコンドームを見直してみて下さい。

松島
松島

私の一番のおすすめはラージサイズのこのコンドームです。

喫煙や飲酒のし過ぎ

喫煙やお酒の飲み過ぎも勃起に影響するといわれています。

勃起は血の巡りをよくすることで、より固くすることができるものです。喫煙は、体の血の巡りを悪くしてしまうので、勃起ができたとしても固さに影響が出てしまいます。

また、適度な飲酒は血の巡りをよくして勃起しやすくさせるものですが、飲み過ぎは逆効果です。お酒はほろ酔い程度で抑えるようにしましょう。

フルボッキすることのメリットは?

フルボッキをするメリットとしては、

  • セックスで最後までイクことができる
  • いつでもフルボッキさせられるんだぞという安心感が得られる
  • フルボッキを持続させれば何回でもセックスやオナニーできる
  • 女性を気持ちよくさせられる
  • 一晩で何度もできる
  • セックスでストレス発散ができる
  • 性欲をコントロールできる

これらのものが挙げられます。

フルボッキをさせられることで、セックスをさらに楽しめるようになります。なかなか勃たないペニスや、勃っても固くならないペニスでは、セックスで味わえる気持ちよさが半減してしまいます。フルボッキで行うセックスは快感が段違いです。

また、男性だけではなく女性の感じる快感も大きく変わってきます。男として自信を持つことができるでしょう。

他には、セックスをすることでストレス発散に繋がり、気持ちの部分でも得られるものは多いです。ヤりたいときにヤレるということで、性欲を自分の手でコントロールできるのもメリットの一つだといえます。

フルボッキするためにできることをまとめてみた

「昔のようにフルボッキしたい」「フルボッキをして最高のセックスをしたい」という人に向けて、フルボッキをするためにできることをいくつか紹介していきたいと思います。

フルボッキができない原因を突き止め、こちらの改善方法を実践して、若い頃のあのフルボッキを手に入れてみて下さい。

食生活を改善する

ジャンクフードや偏った栄養の食生活ばかりしていると、糖尿病や高血圧になり、勃起力に影響してきます。フルボッキをしたいのなら、食生活はものすごく重要です。

また、俗に言う、精の付く食べ物を食べることでペニスを固くすることもできます。

精がつく食べ物
  • うなぎ
  • 牡蠣
  • 赤身肉
  • 青魚

これらのものが精を付けられる食べ物だといわれています。特に、牡蠣には亜鉛が豊富に含まれているので、セックスを楽しみたい男性にはうってつけの食品です。

睡眠時間を増やす

よく食べることも大事ですが、よく寝ることもフルボッキをするには重要なことです。睡眠不足になると、体の至るところに不調が出てしまいます。

ペニスにも不調を感じることがあり、睡眠不足が原因でペニスが勃たなくなることもあるのです。

睡眠時間を増やして、できるだけ体に疲れを溜めないような生活を心がけて下さい。

また、「寝ても寝ても疲れが取れない」という人は、寝具が合っていないのかもしれません。

自分に合った寝具を使うことで、睡眠の質を上げられます。一度寝具を見直してみるのもいいでしょう。

日常での簡単な運動を増やす

フルボッキを目指すのなら、健康的な生活が求められます。上記で紹介した「栄養のあるものを食べる」「睡眠時間を増やす」というものも、その一つです。

健康的な生活に運動は必要不可欠なものになります。大人になるとなかなか運動をする機会が減り、慢性的な運動不足になってしまう人は多いです。

「通勤のときは一駅だけ歩く」「エスカレーターではなく階段を使う」というのも、簡単な運動ですが、やるとやらないのでは全く変わってきます。ジョギングをするのもいいですし、ジムに入会してそこで運動をするのもいいでしょう。

できるだけ日常の中に運動を取り入れてみて下さい。

クリニックへ通院する

勃起がしにくい人のためのクリニックというものも存在します。

クリニックに通うことで、「勃起をするために何をしたらいいのか?」ということを知れます。もちろん、フルボッキをする方法も知ることができるでしょう。

また、バイアグラなどの勃起薬を処方しているクリニックもあるので、「対策をしてもフルボッキしなくて悩んでいる」という人は、勃起薬に頼ってみるのもおすすめです。

費用が高いので最後に頼ろう

チントレをする

チントレとは、ペニスを大きくするためのトレーニングのことです。チントレのやり方はたくさんあり、いろんな角度からフルボッキへの道を目指すことができます。

例えば、「勃起力を高めるための筋トレ」「オイルを使ったペニスのマッサージ」などがチントレに代表されるものです。

このようなトレーニングをすることで、勃起時の固さをより強くすることができます。

フルボッキを目指す男性は、チントレをするのも忘れないようにして下さい。

オナ禁をする

先ほども紹介した通り、日頃からオナニーやセックスを頻繁にしていると、フルボッキは難しくなります。ペニスに刺激を与えすぎると、それに慣れきってしまうので、勃起時の固さが失われてしまいます。

フルボッキ状態で本当に気持ちがいいセックスがしたいなら、それだけ我慢が必要です。苦しいかもしれませんが、オナ禁を自分に課し、それを遂行することでフルボッキ状態で気持ちいいセックスができるでしょう。

オナニーやセックスは、一度もしてはいけないというわけではありません。しかし、できるだけ避けたほうがフルボッキで最高のセックスができるでしょう。

セックスの2,3日前からオナ禁を始めるだけで、オナ禁の効果はかなり感じられると思います。

精力剤を飲む

「オナニーやセックスを我慢したくない」という人は、精力剤がおすすめです。

精力剤を飲むことで、オナ禁をしているような効果を得られ、結果的に勃起力を高めることができます。

また、先ほどクリニックで勃起薬を処方してもらうという方法を紹介しましたが、クリニックは、ややハードルが高いと感じる人も多いかもしれません。

勃起薬も値が張るものなので、使い続けるのは経済的な負担になります。

しかし、精力剤は手軽に購入できて、トータルで支払う費用も抑えられる経済的にも安心なものです。

精力剤は、大手ネット通販でも購入できるので、いちいち外に買いに行く必要もありません。ネットで注文して自宅で待つだけで商品が届くので、恥ずかしい思いをせずに精力剤を手に入れられます。

手軽に手に入れられて、手軽に使える精力剤。フルボッキを目指すなら、一度利用してみて欲しいものです。

【番外編】フルボッキしやすくなるプレイ

プレイで得られる刺激からもフルボッキになれるものもあります。ここでは、番外編としてフルボッキをしやすくなるプレイを2つ紹介していきたいと思います。

まだしたことがない人は、こちらで紹介をするプレイを試してみて下さい。

コックリングを付けて締め付ける

コックリングとは、ペニスリングと呼ばれるもので、ペニスにはめるリングです。このリングをはめ込むことで、血流を遅くし、勃起状態を長くすることができます。

コックリングで締め付ければ、フルボッキでのプレイが可能です。

しかし注意したいのは、リングを付ける時間です。

付けすぎてしまうとペニスに血が巡らなくなってしまい、最悪の場合、ペニスの切断にも繋がります。

松島
松島

あまり長い時間、このリングを付けてプレイをしているとこのような最悪の事態になってしまうので、コックリングを使ってフルボッキを目指す人は、注意しながら使うようにして下さい。

前立腺を刺激する

男性にしかない前立腺。前立腺を刺激できるのは男性の特権だといえるでしょう。

前立腺は膀胱付近にあり、男のGスポットと呼ばれています。Gスポットと呼ばれているくらいなので、前立腺を刺激すると強い快感を得られます。前立腺マッサージというものもあるほど、マニアの男性たちから強く支持されているものです。

前立腺を刺激することで、いつも以上に勃起をすることもできます。フルボッキを目指す人は、前立腺を刺激して、ペニスをガチガチに固めてみてはいかがでしょうか。

フルボッキは必ずできる!色々な方法を試してみよう!

この記事では、フルボッキを目指す男性のために、対策方法などを紹介しました。

年齢を重ねるに連れて、勃起力は弱くなり、フルボッキを諦めてしまう人は多いです。

フルボッキは必ずできます。

諦めてしまったら、セックス自体を楽しめなくなるでしょう。

フルボッキになる方法はいくつもあります。その人によってしたほうがいい対策なども変わってきます。まずは、「なぜ自分はフルボッキができないのか?」という理由を考えることが大事なのです。

  • 不規則過ぎる生活習慣が原因ならそれを改善する
  • オナニーやセックスのやり過ぎならオナ禁をする
  • タバコが原因でなら禁煙する

というように、自分だけの原因を突き止め、それを改善することでフルボッキができるペニスを手に入れられるでしょう。

フルボッキができない人は、みんな同じ理由でできないわけではありません。

人それぞれ、フルボッキができない理由があるのです。

その理由を見つけることが、フルボッキをする近道になります。是非、フルボッキができるペニスを手に入れて、最高のセックスをしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました