【世界最大のちんこの持ち主】ジョナファルコン(ヨハンファルコン)のサイズは?現在はなにしてる?

【世界最大のちんこの持ち主】ジョナファルコン(ヨハンファルコン)のサイズは?現在はなにしてる? ちんこを大きくする方法

男性にとって他の男性のペニスというのは、興味をそそるものです。「あいつはめちゃくちゃでかいらしい」「同じクラスのあいつは包茎らしい」というような話で盛り上がった経験、男性なら誰でもあると思います。

この記事で紹介する、世界最大のペニスの持ち主といわれているジョナファルコンも、多くの人から関心の目を向けられた一人です。アメリカの俳優ですが、あまりのペニスの大きさに「人間三脚」や、「馬人」とまでいわれたジョナファルコン。そんな彼と彼のペニスについて解説していきたいと思います。

また、大きすぎるペニスの持ち主だからこそのエピソードも多数紹介していくので、是非楽しんでいって下さい。

ジョナファルコン(ヨハンファルコン)とはどんな人なの?

ジョナファルコンは1970年生まれのアメリカの俳優です。俳優としてはほぼ無名でしたが、1999年に出演したペニスにまつわるトークをする『プライヴェート・ディック』という番組で、一躍注目を浴びることになります。

2歳のときに父親を亡くし、女手一つで育てられました。そして8歳から12歳まではブルックリンにある情緒障害児の治療施設で過ごしています。その後、ブロンクス科学高等学校を卒業してからは、エキストラ俳優などとして活動していました。

ジョナファルコンは「ナード」と呼ばれる、日本での今風の言葉に直すと「陰キャ」のような存在だったようです。しかし、そんな彼でもペニスが大きいという理由だけで、多くの女性を抱いてきました。29歳のときには、すでに経験人数が3,000人を超えるものすごいペースでセックスを続けてきたのです。

パッとしない男性ですが、ペニスが大きいということだけで、ヤリまくることができたんでしょうね。ジョナファルコンは、まさにペニス1本で成り上がった男だといえるでしょう。

ジョナファルコン(ヨハンファルコン)のペニスのサイズはどれくらいなの?

そんなペニス1本で成り上がった男であるジョナファルコン。気になるジョナファルコンのペニスのサイズは、平常時で24センチ、勃起時は34センチという衝撃的な大きさです。

日本人のペニスの平均は勃起時で約13センチなので、およそ2.6倍もの長さのペニスということになります。ジョナファルコンのペニスは平常時でも、日本人の勃起時の平均サイズの倍近くあると考えると、異次元レベルの大きさだといえるでしょう。

彼の写真を見たらわかるのですが、ここまで大きいとズボンの上からでもかなり主張されるものです。「もっこり」というレベルではなく、「どっしり」という表現が正しいでしょう。ズボンを履いて普通に生活していても主張してしまうようなサイズなので、日常生活に大きな支障が出ていたと伺えます。

ジョナファルコン(ヨハンファルコン)は包茎だった!

そんなジョナファルコンは、実は包茎だったようです。ペニスの皮でドアノブを包み込めるくらいの包茎だったようです。ドアノブを包み込む包皮と聞くと、想像つきにくいものですが、ペニスのサイズがサイズなのでそれだけ皮の余りも多かったのでしょう。

彼は過去に、ペニスがこんなに大きくなった理由を「暇さえあればマスターベーションをしていたから」と答えています。だからこそ、それだけ皮が伸び切ってしまい包茎になってしまったのかもしれません。

しかし、これだけ大きければ男としてのプライドを持つことができるので、「包茎かどうか?」というのはあまり気にならないと思います。

ジョナファルコン(ヨハンファルコン)の出演作品まとめ

ジョなファルコンは俳優なのですが、そこまで目立った俳優活動はしていません。『メルローズ・プレイス』にはエキストラとして出演。映画では『ラッキー・ガール』の結婚式のシーンに付添人として出演しています。

ペニスの話題が先行していたので、もしかしたら、作品に使いづらかったのかもしれませんね。ポルノ俳優を薦められたことも多かったようですが、彼は終始それを断ってきました。

他には、過去に野球をしていたこともあり『ジョナ・ファルコン司会のヤンキースを語ろう』という番組でホストをしていた経験もあるようです。

ジョナファルコン(ヨハンファルコン)が有名になったきっかけは?

1999年に出演した『プライヴェート・ディック』という番組に出演したのをきっかけに一躍注目を浴びました。この番組は、男性のペニスにフューチャーした番組で、ジョナファルコンの大きすぎるペニスがここで初めて話題になったのです。

その後、2003年に『ローリング・ストーンズ誌』で特集を組まれるまでの注目を浴びました。

有吉がラジオでも話していたそうです

アメリカだけではなく、日本でもジョナファルコンは注目されています。芸人の有吉弘行さんも、ラジオでジョナファルコンの話をして、リスナーを楽しませています。しかも、一度だけではなく、何度か話しているそうです。

やはりあれだけのペニスのサイズなら、有吉さんだけではなく、いろんな人から興味を持たれることは間違いありません。

ジョナファルコン(ヨハンファルコン)は現在なにしているの?

ジョなファルコンは俳優として活動していましたが、上記でも紹介した通り、やはりパッとした活動はできませんでした。「ペニスが大きい=ポルノ」だと考えられ、あまりイメージがよくなく、キャスティングしづらかったと推測されます。

また、ポルノ俳優にスカウトされるも、「仕事の負担になるから」と断っています。

現在は目立った活躍はしていませんが、名前だけは知られている人なので、彼の大きなペニスを目当てにしてきた女性を今でも抱き待ってくるでしょう。

ジョナファルコン(ヨハンファルコン)のちんこエピソード

大きなペニスの持ち主だからこそ、ジョナファルコンにはペニスに関するエピソードが多数あります。ここでは、そんな彼の凄いペニスエピソードをいくつか紹介していきたいと思います。

空港では常にボディチェック

彼の場合、ペニスが大きすぎて見るからにズボンが膨らんでしまうので、金属探知機をパスできたとしても、空港職員からのボディチェックがつきものだったようです。

確かにチェックする職員としては、その股間の膨らみを見ることで「なにか隠している!」と考えてしまうのも納得できます。「これはペニスなんだよ」と、言ったとしても「ここまで膨らむペニスの大きさはありえない」と感じられるでしょうね。

「股間に違法な薬物を隠して発覚した」という事件も度々報道されますし、そこまでチェックされるのは仕方のないことかもしれません。

数々の有名セレブ達とのセックス経験アリ

ペニスが大きいということで、いろんな人たちとヤリまくっていたジョナファルコン。相手としては、美女はもちろん、有名なセレブや大物女優なども抱いてきたようです。

29歳の次点で3,000人とセックスをしてきたということは、ペニスが大きいと有名だからこそ、いろんな女性が近づいて来たんでしょう。男性だけではなく女性も、やはりあのペニスは気になりますよね。

しかし、ジョナファルコンのセックスはいたって普通で、過去に「僕は前戯が好きなんだ」と語っています。ペニスが大きすぎるからこそ、丁寧に前戯をしているうちに好きになったのかもしれませんね。大きいペニスを中途半端な前戯で挿れるのは、痛みを伴ってしまうので、ジョナファルコンの優しさだったのでしょう。

さらに、「相手が興奮したり楽しんでくれればそれで幸せ」と発言しており、この言葉は「いい女を抱きまくってやる」ってよりも、「共にセックスを楽しむ」というジョナファルコンのセックスについての考え方も覗ける言葉です。

それでも、ペニスが大きいというだけでここまでいろんな女性を抱けるというのは、羨ましい限りです。

男女問わずヤリまくった

実はジョナファルコンは、バイセクシャルだったと知られています。女性だけではなく、男性ともプレイしていたそうです。

女性だけではなく、男性も「あのペニスを味わってみたい」と感じる人も多かったのでしょう。そしてそれを受け入れるジョナファルコンの心の広さなども感じられるエピソードです。

女性はジョナファルコン(ヨハンファルコン)のような大きさが好きなの?

29歳の時点で3,000人以上とセックスをしたジョナファルコン。彼のこの経験人数は、「ペニスの大きな男性はそれだけ女性から求められる」ということの証明のようなものでしょう。ジョナファルコンは、バイセクシャルではありますが、経験は圧倒的に女性が多いです。やはり、女性から求められまくったんでしょうね。

女性の中にもセックスを楽しみたい人は多いです。小さなペニスで突かれても、気持ちよさはそこまで感じられません。「どうせセックスをするなら大きなペニスでガンガン突かれたい」という女性のほうが多いです。

よく、「大きすぎると痛い」と聞くことがありますが、それは前戯をしっかり行っていないからです。前戯を丁寧に行ってぐっしょり濡れた状態でペニスを挿入することで、痛みを感じさせることもなく、大きなペニスで女性を簡単にイかせることができるでしょう。

先ほども紹介した通り、彼は「前戯が好きなんだ」と答えているくらい、前戯を丁寧に行っていました。これは、自分の大きすぎるペニスで相手に痛みを与えないような配慮でもあると思います。

ペニスが大きいからこそ、前戯をしっかり行ってきたジョナファルコン。そういった意味では、優しい人だったのかもしれませんね。

ジョナファルコン(ヨハンファルコン)に憧れて、少しでも大きくする方法はある?

男性の大多数は大きなペニスには憧れています。「小さいペニスと大きいペニス、どっちになりたい?」と質問されたときに、小さなペニスを選ぶ人はいないでしょう。

ジョナファルコンは、ペニスが大きいという理由だけで数多くの女性を抱いてきましたから、やはりペニスの大きさというのは、男性にとってステータスなんだと考えることができます。

このサイトでは、そんなペニスを大きくするための情報を多数公開しています。さすがに、ジョナファルコンのような30センチ超えのペニスになるのは無理ですが、今よりも一回り大きくするくらいなら、頑張れば可能です。

「ペニスを大きくしたい」という男性は、是非他の記事もチェックしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました