ペニスの大きさの正しい測り方について解説!ちん長を測って自分のちんこのサイズを確認しよう

ペニスの大きさの正しい測り方について解説!ちん長を測って自分のちんこのサイズを確認しよう ちんこを大きくする方法

男性の中には、「自分のペニスのサイズは平均と比べてどの位置にあるのか?」ということを理解している人はあまり多くはありません。それは、関心自体がないのではなく、測り方を知らないことが多く、中には間違った測り方をしている人もいます。

ペニスというのは1センチの違いが大きな差になるものです。1センチ大きいだけで見栄えも良くなりますし、女性に与えられる刺激も大きく変わってくるでしょう。正しい測り方を知り、自分のペニスが小さいのか、普通なのか、はたまた大きいのかを知る必要があります。

この記事では、そんなペニスの正しい測り方や世の中の男性のペニスの平均サイズ、さらには巨根するための方法を解説していきます。

意外と知らないペニスの正しい測り方

男性なら一度は測ったことがあるであろうペニスの長さ。しかし、間違った測り方をしている人は意外と多いです。

本当は短いのに測り方を間違え、通常より長いサイズで測ってしまい「自分は巨根だ」と思い込んでいる人もたくさんいます。そういう勘違いをしていると、いつか「自分は巨根ではなかった」ということを知らされる日が来るので、そのときに大きなショックを受けてしまうでしょう。

そうならないように、ペニスは正しい方法で測るようにして下さい。

一般的なペニスの測り方

ここでは、一般的なペニスの測り方について解説していきます。この方法でペニスを測ることで、「自分のサイズがどれくらいなのか?」というのを確認できるでしょう。

まっすぐ直立してペニスを水平に勃てる

まずは、まっすぐ直立する姿勢をとって下さい。姿勢一つでペニスの計測結果が多少違ってきます。誤差が出ないようにまっすぐ直立した姿勢で測るようにして下さい。

計測するペニスは勃起した状態のものを測るのが一般的です。平常時だと膨張率にばらつきがあるので、正しいサイズは測れません。少しシゴイたりして勃起させてから計測して下さい。

そして、ペニスは水平に勃てるようにしましょう。上向きに立てたり下向きにすると、こちらも誤差が出る原因になります。体とペニスが90度になるように計測すると、正しいサイズを調べられるでしょう。

「まっすぐ直立して水平にした勃起状態のペニスを測る」というのが基本的な測り方です。

上側の根元から先端までの長さを測る

ちん長を測る際に「どこからどこまでの長さを測るのか?」という疑問を持つ人も多いです。ここで、間違った場所から測ってしまうと誤差が生じやすくなります。

測る部分は、まず上側の根元から先端までです。この部分を定規やメジャーなどで測っていきます。横から測ったり、根元の位置を間違えてしまうと、間違ったサイズを計測してしまいます。

そうならないように、上側の根元から先端までをしっかり計測するようにして下さい。

POINT

無理に押し付けず根元に優しく当てる

ペニスを計測するときは、勃起している状態なので多少測りづらいかもしれません。定規などを使って計測するときは、根元に無理に押し付けるのはやめましょう。ペニスに傷が付いてしまうこともありますし、誤差が生まれる原因にもなります。

無理に押し付けないで、根元に優しく当てる感じで計測して下さい。

医学的なペニスの測り方

上で紹介したのは、一般的なちん長を測る方法です。しかし、それだけではなく、医学的な測り方というのも存在します。

これは、泌尿器科などで採用されている方法で。ここでは、その方法を紹介していくので「こんな測り方もある」ということを頭に入れてみて下さい。

まっすぐ直立してペニスを水平に勃てる

基本的な姿勢は先ほどの一般的な測り方と大きな差はないです。まっすぐ直立した状態で、勃起したペニスを水平に勃てるというものと変わりはありません。

恥骨から先端までの長さを測る

一般的な計測方法と泌尿器科での計測方法の大きな違いは測る部分です。

一般的な計測方法だと根元からでしたが、泌尿器科では恥骨から先端までの長さを計測します。根元よりもやや奥から計測することになるので、サイズは多少大きくなります。

計測するときに痛みを感じることもあるので、自分でこの方法で計測する際は注意が必要です。

POINT

骨から測るため極力メジャーを押し付けること

奥にある恥骨から計測するので、力を入れて押し付ける必要があります。なので、この場合は定規ではなくメジャーで測るのをおすすめします。定規で測ってしまうと出血する恐れがあるので注意が必要です。

正しい長さを測りたいのなら、極力柔らかいメジャーを押し付けるようにして下さい。ただし、痛みがあるのなら無理に行う必要はありません。

勃起できない場合の測り方

ちん長は勃起をした状態で測ります。しかし、なかなか勃起ができないこともあるでしょう。そんなときでも測る方法もあるので、ここでは勃起ができない場合の測り方に触れていきたいと思います。

先端を引っ張って測定する方法

こちらは包茎手術などで行われている計測方法です。

勃起をしていない状態でも、根元をつまみながら亀頭を引っ張り上げて計測することで、勃起したときのサイズの判断が可能です。

訳あって勃てられないときは、こちらの方法で測るようにして下さい。ただし、引っ張りすぎには注意しましょう。

子供のペニスを測定する方法

子供が何かしらの病気になり、ペニスを測る必要が出てくることもあります。小児科などでは、子供のペニスを測るときは、通常状態で計測します。こちらも上記で紹介したように亀頭を引っ張り上げて計測する方法が一般的です。

注意したいのは、皮がまだ剥けていない場合は、皮を含めないということです。皮を含めないで亀頭の先までのサイズを計測します。

ペニスのサイズの平均は何cm?

男性が一番気になるのは、「自分は平均サイズと比べて、どのサイズのペニスなんだろう」というものだと思います。そのためには、自分のペニスのサイズだけではなく、平均サイズも知る必要があるでしょう。

ここでは、日本人男性と世界の男性の平均サイズについて解説していきたいと思います。また、巨根と呼ばれるサイズも同時に解説するので、是非チェックしてみて下さい。

日本人のペニスのサイズ

オナホールを販売しているTENGAが調べた結果では、日本人男性のペニスの平均サイズは13.56センチでした。もちろんこれは勃起した状態です。

自分のペニスを計測して、これより長ければ自信を持っていいでしょう。

世界のペニスのサイズ

実は、意外にも世界のペニスの平均サイズというのは、日本人の平均サイズとそこまで大きな差はありません。世界のペニスの平均サイズは、過去に1万5000人のデータから計測した結果によると、13.12センチという結果になりました。

日本人のペニスの平均サイズのほうが大きいというのは、意外な結果だと思います。ただ、世界にはアフリカ人のようにサイズが大きい人種もいれば、その逆もいるので、世界という括りで平均を出すとなると、やはりこのようなサイズになるのかもしれません。

これをものさしにすることで、「自分のペニスの世界との差」を確認できるでしょう。

何cmなら巨根認定される?

平均サイズが13センチ程度なら、巨根と呼ばれるのは、やはり15センチ以上だと考えられます。それくらいのサイズになると、視覚的にも大きさを実感できるので、見た感じの印象が大きく変わります。

また、巨根という表現は、長さだけではなく太さも影響してくるものです。いくら長くても細ければ、細長いペニスになるので巨根というイメージからはかけ離れてしまうでしょう。

しかし、長さもあって、なおかつ太さがあるのならその存在感はもの凄いものです。この場合は、まさに『逞しい』という表現がぴったり合います。

「長さだけで巨根と判断するのなら15センチ程度だが、太さによって上下する」という考えでいいと思います。

【PR】鬼アツキャンペーン情報

な、な、なんと!!!あの

伝説のペニス増大サプリ

鬼アツキャンペーン開催中です!

めちゃくちゃお得に買えるチャンス!!

返金保証付きだから安心

大きさは身長と比例する?ペニスの大きさ・測り方に関する豆知識

ここでは、ペニスの大きさについての疑問にいくつか答えていきたいと思います。手軽にサイズを測る方法なども紹介するので、是非参考にしてみて下さい。

身長・体重とペニスは比例する?

ペニスのサイズは身長などの体のサイズに比例するものです。もちろん、全てが全てそうとは言いませんが、比例することが圧倒的に多いです。

背が高い人のほうがペニスも大きく、背が小さいとペニスも小さくなります。

しかし、体重とはリンクしないこともあります。体重というのは、生まれつきだけではなくその人の生活習慣によって大きく変わるものです。『体重が重い=ペニスが大きい』という図式は成り立たないと思っていいでしょう。

ペニスの大きさは遺伝する?

人間の体のサイズというのは、遺伝が大きな影響を及ぼします。大きな両親から生まれた子供は大きくなりやすいものです。

そう考えると、やはりペニスのサイズも遺伝すると言っていいでしょう。こちらも、全員が全員遺伝するとは言えませんが、遺伝の影響は大きいです。

ペニスは射精するほど大きくなる?

「射精をたくさんすればペニスが大きくなる」という話、一度くらいは耳にしたことがあると思います。実際のところこれは事実とは言えません。

むしろ、オナニーで射精をするのなら、強く握ってペニスが細くなることも考えられます。オナニーのときのペニスの握り方には注意するようにしましょう。

また、頻繁に射精をしていると勃起したときの固さも失われてしまいます。セックスで女性を感じさせるには、長さだけはなく固さも重要です。女性を気持ち良くさせたいのなら、固さを維持することを目的に、無駄なオナニーはしないようにしましょう。

大きさが気になるならトイレットペーパーの芯チャレンジ!

「ペニスのサイズを手軽に測りたい」という人は、トイレットペーパーの芯チャレンジに挑戦することをおすすめします。こちらの方法は、トイレットペーパーの芯を使うことでサイズをひと目で判断できるものであり、SNSなどでもバズっている計測方法です。

このサイトでもトイレットペーパーの芯チャレンジについてまとめているページがあるので、是非チェックしてみて下さい。

測り方と合わせて知りたい大きくするためのチントレ術

ここでは、ペニスをさらに大きくしたい人に向けたチントレ術を紹介していきます。

おすすめは、『ジェルキング』というチントレです。ジェルキングとは、根元を締め上げた状態で、ローションを使って竿をマッサージするもので、これを行うことで増大効果を狙うことができます。

自宅で手軽にできますし、気持ち良さも味わえるのでおすすめのチントレです。他にもチントレはたくさんあります。このサイトでもいくつか紹介しているので、是非チェックしてみて下さい。

ちん長が短い…巨根を諦めるのはまだ早い?

この記事では、ちん長の正しい計測方法を解説していきました。みなさんのペニスは平均サイズを上回っていましたか?もし、先ほど紹介した平均サイズを上回らない人でも、諦める必要はありません。ある方法で、ペニスを平均以上のサイズにすることも可能です。

それが、ペニス増大サプリです。このサプリには、ペニス増大に効果的な栄養素がふんだんに含まれており、飲むだけで手軽にサイズアップを目指せます。

また、先ほど紹介したチントレとの相性も良くて、毎日ペニス増大サプリを飲むながらチントレをすることで、効果倍増も狙えるのです。チントレをするのなら是非ペニス増大サプリも一緒に摂取してみて下さい。

努力をして巨根になった人はたくさんいます。「自分には無理だ」と諦めてしまっては巨根にはなれません。巨根になりたいのなら諦めずに、ペニス増大サプリを飲み続けるのがいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました