炭酸水トレーニングでペニスが鍛えられるって本当なのか調査してみた

炭酸水トレーニングでペニスが鍛えられるって本当なのか調査してみた ちんこを大きくする方法

主に、アルコールを割るときに使われる炭酸水。お酒を嗜む人なら、一度は飲んだことがあるものだと思います。

そんな炭酸水をペニスを鍛えるために使っている人も多いです。炭酸水は飲むものですが、ペニスを鍛えるために使っている人は飲まずに使います。価格もリーズナブルなので、始めやすいチントレとして、ペニス増大を夢見る男性が炭酸水を使ってペニスを鍛えているのです。

この記事では、そんな炭酸水でペニスを鍛える方法や、トレーニングをする際の注意点などを解説していきます。やり方を間違えてしまうと危険な側面もあるトレーニングなので、注意して行うようにして下さい。

炭酸水トレーニングって何?危険って本当?

炭酸水トレーニングとは、炭酸水にペニスを浸けて、炭酸ガスを利用して増大効果を狙うというものです。炭酸水を入れたコップにペニスを60秒ほど浸すことで、増大効果を得られるとチントレマニアの間で騒がれています。

このトレーニングの原理としては、炭酸水に含まれる炭酸ガスが影響してきます。お風呂に入れる炭酸系の入浴剤を使ったことがある人ならわかると思いますが、あのような入浴剤が入ったお風呂に浸かると、体がポカポカしてきますよね?あれは炭酸ガスが影響しており、これによって血行を良くすることができるのです。

炭酸水にペニスを浸すことで、炭酸ガスの影響でペニスの血流を良くできるというのが、炭酸水トレーニングの原理だといわれています。

しかし、このトレーニングは受ける刺激がもの凄く強いです。

炭酸水に浸すと、チクチクと刺されるような感覚があり、これを日常的に行っていると不感症や勃起不全になることもあります。

そういった意味では、他のチントレとは違って危険なトレーニングだといえるでしょう。

炭酸水トレーニングの効果は?

一見、ぶっ飛んだトレーニングである炭酸水トレーニング。効果のほどはいかがなものなのでしょうか?ここでは、このトレーニングの効果について解説していきます。

炭酸水の刺激で勃起力がアップ

炭酸水に浸すことでチクチクした刺激を受けられます。ペニスというのは、刺激を与えることで硬くなります。この炭酸水の刺激を受けることで、勃起力を上げられる男性もいるのです。

しかし、後述しますが、この刺激で勃起不全になってしまう人もまれに存在します。このチクチク感が気持ちいいからと、何度も続けることはおすすめできません。

炭酸によりちんこの血行を促す

炭酸水から発生される炭酸ガスにより、ペニスの血行を良くすることができます。血行が良くなるとペニスの海綿体が膨張し、これにより勃起力向上に繋がるのです。

海綿体とは、ペニスにある無数の血管が凝縮された部分です。海綿体に血液が送られなくなると、ペニスを勃たせることはできません。

炭酸水に浸けることで、チクチクした刺激だけではなく、血行を良くさせられることで、勃起力を上げられるといわれています。

しかし、先述したようにこのチクチク感は痛いので、結構を促したいならペニス増大サプリがおすすめです。

恐らく、一番安全に、手軽にペニスを大きくできるアイテムです。

刺激に慣れることで早漏を改善

セックスですぐに射精をしてしまう早漏。早漏の原因は、刺激に慣れていないことが挙げられます。刺激に慣れていないことで、セックスやフェラチオで強い刺激を与えられると、すぐに射精してしまうのです。

炭酸水トレーニングで受ける刺激というのは、非常に強いものです。中には「痛すぎて続けられない」という人もいます。この刺激を日常的に受け続けることで、刺激に慣れることが可能です。

刺激に慣れれば、セックスですぐにイッてしまうということもなくなるでしょう。勃起力向上という目的だけではなく、早漏改善を目的に炭酸水トレーニングに励んでいる人もたくさんいます。

炭酸水トレーニングのやり方

炭酸水トレーニングの具体的なやり方をここで紹介していきます。「炭酸水トレーニングに挑戦してみたい」という人は、是非参考にしてみて下さい。

タイムラインのタイトル
  • STEP1
    コップに炭酸水を満たしてちんこを入れる

    炭酸水トレーニングはコップを使って行います。炭酸水をコップに注ぎ、その中にペニスを浸すというだけでトレーニングができます。他に何もすることはなく、ただペニスをそのコップに浸すだけのものです。

    この時使うコップは、紙コップなどの使い捨てのものをおすすめします。さすがに、いつも使っているコップにペニスを浸すというのは、そのコップをその後、使いづらくなってしまうでしょう。

    紙コップは100均で購入できます。自分のペニスを浸せるサイズの紙コップを選んで購入して、トレーニングに使ってみて下さい。

  • STEP2
    60秒間入れたままにして出す

    ペニスを浸す時間は60秒を目安にしましょう。

    このトレーニングは、人によって強い痛みを感じることもあります。なので、最初は60秒もペニスを浸せないかもしれません。「痛すぎて60秒は無理」という人は、最初は数秒でも構いません。慣れてきたら徐々に浸す時間を伸ばしていきましょう。

  • STEP3
    2〜3セット繰り返す

    ペニスを60秒浸すのを1セットとし、これを2,3セット繰り返すようにしましょう。セット間ではインターバルも重要です。「60秒経過したら数分休んでまた60秒浸す」というように、連続して行うのではなく、休憩を挟みながら行うようにして下さい。

    休憩を挟むことで、炭酸が抜けてしまうこともあるでしょう。それではこのトレーニングの意味がなくなります。炭酸が抜けてしまったなら、ただの水に浸しているのと変わりません。そのときは、新しい炭酸水を注いで、しっかりとシュワシュワやチクチクした刺激を感じられるようにして下さい。

炭酸水トレーニングのメリットとデメリット

賛否両論分かれる炭酸水トレーニング。メリットとデメリットも同じくらいあります。ここでは、そんなメリットとデメリットを紹介していきます。

見出し
  • 炭酸に入れるだけで激痛が走る
  • 刺激に慣れすぎて勃起不全になる危険性も
見出し
  • リーズナブルに挑戦できる
  • アダルトグッズを買わずにチントレできる
  • 刺激に慣れて持続力を上げられる

最大のメリットは「始めやすさ」でしょう。炭酸水とコップさえあればできるトレーニングで、お金もそこまでかかりません。炭酸水は100円以下で買えますし、紙コップもいくつかセットになって100均で販売されています。

また、刺激に慣れて持続力を上げられるというのは、早漏の人にとっては大きなメリットです。

デメリットはやはり「痛み」です。人によっては激痛を感じることもあり「60秒も続けられない!」という人もたくさんいます。

さらに、刺激が強すぎるからこそ、刺激に慣れてしまう可能性もあり、これが勃起不全に繋がる可能性もあるのです。セックスやフェラチオで感じる刺激以上のものを得られるトレーニングなので、「肝心の本番で勃たない」ということにもなりかねません。

メリットとデメリットを比較すると、炭酸水トレーニングは、あまりにもデメリットが大きいトレーニングです。特に勃起不全は男性なら絶対に避けたいものだと思います。そう考えると、このトレーニングはあまりにもリスクが大きいトレーニングだといえるでしょう。

炭酸水トレーニングは危険!?

理論上は効果のある炭酸水トレーニング。しかし、危険なトレーニングだといわれています。上記で紹介したデメリットや危険性について詳しく解説していきたいと思います。

痛さで耐えられない

炭酸水が入ったコップにペニスを浸けるときの刺激は、かなり強いものです。針で刺されるチクチクした痛みがずっと続きます。

この痛みに耐えきれずに、60秒も浸せない人は多いです。あまりにも痛いので、炭酸水トレーニングをするなら、その部分について覚悟を持って挑むようにして下さい。

それでも、この痛みに耐えたとしても大きな効果は得られません。強い痛みに耐えたとしても少ないリターンしかないので、そういった意味ではリスクと釣り合っていないトレーニングだといえます。

勃起不全になる恐れも

この強い痛みが原因で、セックスやオナニーで不感になってしまうこともあるでしょう。そうなると勃起不全になるリスクも上がるので、セックスどころではなくなってしまいます。

痛みは我慢すればいいですが、勃起不全になるというのは取り返しのつかないものです。少しでも不安に感じるのなら、このトレーニングは避けたほうがいいでしょう。

炭酸水トレーニングは効果がないという噂も!

炭酸水トレーニングは、理論上では効果のあるものです。しかし、実際に体験した人の中には「全く効果を感じられなかった」という人がたくさんいます。

これは、痛みに我慢できずに60秒間浸せなかったことが原因だと考えられます。炭酸水トレーニングは60秒以上入れていないと効果は出ません。痛さに我慢できず、60秒経たずにやめてしまうと、全く効果は感じられないのです。

しかし、60秒もあの痛みに耐えられる人は、ごくわずかだと思います。そういった意味では、60秒耐えられた人が少ないからこそ、効果がないという声が多いと思っていいでしょう。

本当に効果があるか知りたいなら、自分で実践するしかありません。痛みに耐えて、60秒間頑張って続けてみて下さい。

それでも炭酸水トレーニングをやるなら

痛みが強くて断念する人が多いこのトレーニング。それでもやるのなら、いくつかチェックして欲しいポイントがあります。

ここで紹介することを守りながら炭酸水トレーニングを行ってみて下さい。

最初は10秒ほどからスタートする

炭酸水トレーニングは60秒以上やらなければ効果は得られません。しかし、最初は痛みに慣れないので60秒も難しいと思います。

なので、まずは10秒程度からスタートし、そこから徐々に時間を伸ばしていきましょう。

10秒からスタートして、慣れてきたら30秒続け、45秒、60秒と少しずつ伸ばしていくのです。いきなり60秒に挑戦してしまうと、ただ痛いだけのトレーニングだと感じてしまい、続けられません。

長く続ける意味でも、最初は短い時間から挑戦するのがいいでしょう。

低濃度の炭酸水を利用する

炭酸水は、選ぶ商品によって濃度が変わってきます。

本来、炭酸水は飲むために販売されており、強い喉越しやシュワシュワした感覚を味わいたい人のために、強炭酸水という濃度が濃いものも販売されていますが、こちらは絶対に選ばないようにして下さい。ただでさえ痛いトレーニングなのに、強炭酸水を選んでしまうと、激痛が走ってしまいます。

このトレーニングをするのなら、できるだけ濃度が低いものを選ぶことで、痛みを和らげらながら続けられるでしょう。

また、炭酸系の入浴剤を使うという方法もおすすめです。炭酸系の入浴剤は、炭酸水ほど強い刺激はないので、こちらも痛みを和らげられます。「炭酸水では痛すぎる」という人は、マイルドな刺激を得られる炭酸系の入浴剤を利用してみて下さい。

ちんこの感度は逐一チェックする

ペニスを浸したあとは、その感度を逐一チェックするようにして下さい。「どれくらい痛いか」というのを確かめながら行うことで、最悪の事態を防げます。

また、コップに入れている間だけではなく、コップから出した後の感度も確認するようにしましょう。

異変があればすぐに中断する

炭酸水トレーニングは、安全なトレーニングとはいえません。だからこそ、異変があったならばすぐにトレーニングをやめる必要があるのです。

チントレをする男性は、無理をし過ぎる傾向にあります。「なんとしてもペニスを大きくしたい」と考えることで、異変を感じても続けてしまう人が多いです。

このトレーニングでも、我慢できないほどの痛みを感じても、なお続ける人もいます。このような考え方は大変危険です。なにか異変があったのならば、すぐにやめるようにして下さい。

炭酸水トレーニングより現実的なチントレは?

チントレには多くの種類があります。炭酸水トレーニングよりも現実的な方法もあるので、こちらでいくつか紹介していきたいと思います。

「炭酸水トレーニングは自分には合わなかった」という人は、以下で紹介する方法を実践してみて下さい。

  • ジェルキング
  • ミルキング
  • PC筋トレーニング

これらのトレーニングは、リスクを抑えながらできるチントレです。痛みもほぼ感じることはなく、炭酸水トレーニングよりも高い効果性を謳われているものです。

このサイトでは、これらのチントレを紹介しているページもあるので、こちらもチェックしてみて下さい。

チントレの効果をさらに高めるには?

チントレをするなら、それ単体で行うよりも増大サプリと併用することをおすすめします。増大サプリを飲みながら行うチントレは、効果を何倍にも上げることができるのです。

この記事で紹介した炭酸水トレーニングも、日頃から増大サプリを飲めば、効果を上げられるでしょう。先ほど紹介したジェルキングやミルキング、PC筋トレーニングもそうです。増大サプリを飲みながら行うようにして下さい。

増大サプリは、手軽に入手できます。初回はリーズナブルな料金で購入できるものもあるので、是非一度試してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました